【Market VIEW】季節性インフルエンザワクチン|包括的市場調査レポートおよび市場予測モデル

ワクチン専門の市場調査会社ワクチンアナリティクス社(Vaczine Analytics)から、「季節性インフルエンザワクチン」に関する市場動向レポートが発行となりました。同レポートは、各領域におけるワクチンの市場性を詳細に分析する「Market Vierwシリーズ」の一つで、「季節性インフルエンザワクチン」の現在の市場動向から2035年までの将来分析までワクチンプレーヤーが必要とする多くの情報を提供します。

世界でも高い評価を得ているワクチン市場分析レポートのサンプルはご希望の方に無料で提供いたしております。

    【無料】資料請求はこちらから

    [このウェブサイトにはPRリンクが含まれています]

    アンサーズビズリーチJACリクルートメント
    製薬業界特化
    業界内の非公開多数
    製薬業界の実績多数
    スカウト型でハイクラスに強い
    英語にも強い総合型
    製薬業界での実績も多数
    公式サイト公式サイト公式サイト

    Market Viewシリーズが活用される3つの理由

    専門性:ワクチン特化で15年以上の実績と経験

    ワクチンアナリティクス社は、ワクチン専門のアナリストがワクチンに特化した市場調査会社として設立、15年以上ワクチンの市場調査分析レポートを発行しています。ワクチン専門の調査会社は世界でもワクチンアナリティクス社のみです

    網羅性:幅広い疾患に対するワクチンの動向をカバー

    同社ではすべてのワクチンの動向を常にウオッチ。レポートのワクチンが期待されている疾患をほぼ網羅しています。疾患や病原体の網羅性は世界でも最も高く、必要なワクチンレポートがMarket Viewシリーズではカバーされています

    信頼と評価:世界のワクチンプレーヤーが活用

    Market Viewは、疾患別に詳細な商業性を評価分析するレポートで、ワクチンの市場動向と将来性を把握するための定番として世界のワクチンプレーヤーや政府機関、研究機関で活用されています。

    発行レポート一覧もまとめています

    レポート基本情報

    レポートタイトル(日本語)【Market VIEW】季節性インフルエンザワクチン
    原題MarketVIEW: Seasonal influenza vaccines
    発行会社
    ワクチンアナリティクス社
    発行日2024年7月
    ページ情報英語
    納期発注後2−5日
    販売代理店SDMJコンサルティング合同会社
    価格ご相談ください

    25年の専門家が購入まで無料でサポート

    レポート概要

    季節性インフルエンザは、通常、患者群の5〜15%が罹患、主に上気道感染症を引き起こす。

    世界全体では、毎年約300万〜500万人が重症化し、29万〜65万人が死亡すると推定されている(WHOの統計)。

    年1回のインフルエンザ・ワクチン接種は、インフルエンザ・ウイルス感染とその合併症を予防するための最も効果的な方法であす。

    インフルエンザワクチン接種が推奨されるのは、通常、最も脆弱な人々であり、高齢者、非常に若い人々、基礎疾患のある人々などです。

    世界的には、多くのインフルエンザワクチンはまだ3価の不活化ワクチン(TIV)であるが、現在、米国市場では4価ワクチン(QIV)、高用量ワクチン(HD)、細胞ワクチン、アジュバントワクチンに100%切り替わっている。

    2022年の新たな米国ACIP勧告では、65歳以上のセグメントで差別化ワクチンを優先的に使用する方向性が示されています。

    本レポートでは、レポートに加えて、2035年までの欧米主要13市場および新興・その他37市場(ROW)における季節性インフルエンザワクチンの潜在的な販売数量と販売額を予測したインタラクティブモデルも提供しています。

    このモデルでは、各国の推奨事項や政策、国別の詳細なワクチン接種率の徹底的な調査に基づき、国ごとに推奨されるすべてのターゲットグループに対する有効な数量(百万単位)の推定値が含まれています。

    各国の市場価値は、TIV、QIV、高用量(HD)、LAIV、およびディスカウント/リターンの影響を調査したその他の形態の公的/民間セクターの価格に基づく価格設定方法によって確認されています。

    本分析では、SequirusのQIV(Flucelvax)、MF-59アジュバントFLUAD、SanofiのHD(現QIV)ポートフォリオ(Fluzone-HD + Flublok)など、製品タイプ別および個々の競合製品別の詳細な米国予測を掲載、主要市場である米国以外でのQIV製品の採用を推定するために、10社以上のROWサプライヤーと、CSL Seqirusに対抗するためにサノフィの差別化された新製品SupemtekとEflueldaが欧州市場に参入するEUの可能性について、最新の分析手法を導入している。

    英国の拡大プログラムに関する最新の分析に加え、EU28地域のワクチンタイプ別需要分析も掲載。

    主要な後期研究開発プログラムも、将来の製品戦略に明確な影響を与える新しいmRNA脅威(ModernaTX mRNA-1010、1011、1012、1020、1030)およびファイザー(PF-07252220、PF-07852352)と共に、市場参入に向けて開発が進んでいます。

    新規mRNAワクチンについては、保守的なシナリオと楽観的なシナリオで予測をしています。

    MarketVIEW: 季節性インフルエンザワクチンは、この重要なワクチン市場に関する究極の最新ガイドです。

    プレゼンテーションは、PDF形式で420スライド以上で、これにインタラクティブモデルが付きます。

    目次

    • エグゼクティブサマリー
    • 季節性インフルエンザワクチン:主な商業モデルのアウトプット
    • 今シーズンのインフルエンザ-疾病負担/2021/22~2022/23年の世界的シーズンのレビュー
    • 米国シーズン2021/22~2022/23のレビュー
    • 英国およびEU28の2021/22~2022/23年シーズンのレビュー
    • 2021/22-23年における英国およびEU28の最新インフルエンザワクチン推奨のレビュー
    • 英国およびEU28の対象グループごとのインフルエンザワクチン接種率レベル
    • EU全域におけるEU28の供給量、需要量、ワクチンの種類のレビュー
    • 南半球のレビュー: オーストラリアとブラジルの2021/22シーズン
    • 2021/22-23年ROWの最新インフルエンザワクチン推奨量と摂取率のレビュー
    • 2021/22-23 ROWの供給量と需要量のレビュー
    • 2021/22-23年におけるROWのインフルエンザワクチン供給量と需要量のレビュー 【SECTION 11】 2021/22年における主要競合製品の最新動向と商業予測
    • 主要研究開発プログラム(mRNAを含む)と潜在的な新規脅威/競合企業のレビュー
    • 2014-2035年の世界の潜在需要/商業価値のモデル化
    • 参考文献

    25年の専門家が購入まで無料でサポート

    ワクチンアナリティクス:よくある質問

    なぜワクチン専門の調査会社なのですか?
    ワクチンアナリティクス社の創設者のJohn Savoloulus氏は、大手の製薬会社でワクチンの研究開発部門におりましたが、その後、大手市場調査会社でワクチンの専門家として活動し、その後ワクチン専門の調査会社として同社を設立したからです。

    なお、同社の会社概要と創設者の経歴など詳しきは「ワクチンアナリティクス会社概要」をご利用ください。
    Market Viewシリーズはどの疾患で発行されていますか?
    全世界で多くのワクチンプレーヤーで活用されているMarket Viewシリーズですが、世界でも追随を許さない疾患の網羅性にあります。

    発行済の疾患に関しては、以下のMarket Viewの解説ページでリストとしてご紹介しておりますのでご活用ください。

    疾患一覧はこちら「Market Viewシリーズとは?」から御覧ください。
    Market Viewレポートシリーズ以外にも、レポート、データベースはありますか?
    はい、ワクチン市場を横断的にまとめている「Strategic Pipeline Review」があります。同レポートは、定期的に発行されている全世界のワクチン開発品の包括的な情報と分析情報です。

    230社以上の企業と治験責任医師が実施する1500件以上の臨床試験を網羅的に収集、90以上の疾患/病原体、市場セグメント、臨床試験情報、企業規模を網羅的に調査、分析を加えています。

    アンサーズMR BiZJACリクルートメント
    製薬業界特化
    業界内の非公開多数
    MRの転職に特化
    利用者満足度96.3%
    英語にも強い総合型
    製薬業界での実績も多数
    詳細を見る詳細を見る詳細を見る

    本レポートに関する資料請求とご相談はこちらから

      関連紹介記事一覧

      1. 疾患動向レポート「パーキンソン」|DL&Fシリーズ

      2. 疾患動向レポート「鎌状赤血球症」|DL&Fシリーズ

      3. 疾患動向レポート「アトピー性皮膚炎」|DL&Fシリーズ

      4. 【Market VIEW】デング熱ワクチン|包括的市場調査レポートおよび将来予測モデル

      5. 疾患動向レポート「骨粗しょう症」|DL&Fシリーズ

      6. 疾患動向レポート「アミロイドーシス」|DL&Fシリーズ

      7. 疾患動向レポート「急性リンパ性白血病」|DL&Fシリーズ

      8. 疾患動向レポート「糖尿病黄斑浮腫/糖尿病網膜症」|DL&Fシリーズ

      9. 【Market VIEW】単純ヘルペス(HSV):予防ワクチン|市場調査レポート

       

      ☎ 080-9159-1217

      平日 9:00-18:00


        無料メルマガ登録はこちら

         

        製薬業界むけ調査レポート・データベース・コンサル関連の役立つ情報を無料でお届けします

         

        1. 2028年の後天性血友病治療市場予測:年間5.1%の成長率で148億8,000…

          2024.04.26

        2. siRNA医薬品市場:2030年には128億9,237万ドルに拡大急成長

          2024.04.25

        3. 【がん領域担当者必見】クラリベイトの最新オンコロジーおすすめレ…

          2024.04.25

        4. 関節リウマチ市場調査おすすめレポート3選|25年の専門コンサルが…

          2024.04.24

        5. 単純ヘルペス(治療ワクチン)の2040年までの市場動向レポートが発…

          2024.04.09

        6. 「悪性黒色腫」市場調査おすすめレポート3選|25年の専門コンサル…

          2024.03.21

        7. 世界のオンコロジー最新ニュースのまとめ[2024年2月29日]|Insigh…

          2024.02.29

        8. 世界のオンコロジー最新ニュースのまとめ[2024年2月20日]|Insigh…

          2024.02.20

        9. RFP

          RFPの書き方:3つのポイントと提案依頼書の効果的な活用法

          2024.02.18

        10. 「乳がん」市場の将来予測|おすすめ調査レポート3選|25年の専門…

          2024.02.15

        1. RFP

          RFPの書き方:3つのポイントと提案依頼書の効果的な活用法

        2. クラリベイト2023年引用栄誉賞23名発表|筑波大・柳沢氏、東大・片…