疾患動向レポート「シェーグレン症候群」|DL&Fシリーズ

[このウェブサイトにはPRリンクが含まれています]

クラリベイト社から、「シェーグレン症候群」に関する市場動向レポートが発行となりました。同レポートでは、「シェーグレン症候群」の最新の主要国での市場動向と2032年までの将来予測を提供します。

世界で最も高い評価の疾患分析レポートであるクラリベイトの「DL&F」シリーズ、無料でサンプルページをお送りいたします。

    【無料】資料請求はこちらから

    アンサーズビズリーチJACリクルートメント
    製薬業界特化
    業界内の非公開多数
    製薬業界の実績多数
    スカウト型でハイクラスに強い
    英語にも強い総合型
    製薬業界での実績も多数
    公式サイト公式サイト公式サイト

    クラリベイトのレポートが世界で活用される3つの理由

    圧倒的な情報量と質のデータと分析能力

    疾患別の市場動向には大量の2次情報と適切な1次調査が必要。クラリベイトのレポートは、世界で信頼されている「コルテリス」独自の1次調査でレポートの質と量を徹底的に担保

    製薬会社が必要な情報を網羅

    疾患動向分析で必要な情報、開発品、疫学、将来予測、製品、アンメットニーズ、治療動向などを網羅しています。レポート活用で効率よく必要な情報を収集が可能

    90以上の疾患で市場動向レポートを発行

    DL&Fシリーズでは「90の疾患」で網羅的にレポートを発行されています。世界の製薬業界で最も評価が高く、活用されている疾患動向レポートです。

    レポート基本情報

    レポートタイトル(日本語)疾患動向レポート「シェーグレン症候群」|DL&Fシリーズ
    原題Sjogren’s Syndrome – Landscape & Forecast – Disease Landscape & Forecast
    発行会社
    クラリベイト
    発行日Aug-23
    ページ情報英語
    納期発注後2−5日
    販売代理店SDMJコンサルティング合同会社

    25年の専門家が購入まで無料でサポート

    レポート概要

    シェーグレン症候群(SS)は、外分泌腺の慢性炎症とリンパ球浸潤を特徴とする進行性の自己免疫疾患です。

    本疾患は、単独で発症することもあれば(原発性SS)、自己免疫疾患を併発することもあります(続発性SS)。

    ドライアイ、口渇、および/または特定の腺外症状を治療する対症療法が治療の基礎です。

    全身性の症状に対しては、ヒドロキシクロロキンや、重症例では全身性の免疫調節薬(アザチオプリン、メトトレキサートなど)を用いることが多い。

    病態を修飾する可能性のある治療薬が開発中である(例えば、Novartis社のiscalimabやianalumab、Horizon Therapeutic社のdazodalibepなど)。

    これらの疾患修飾療法は、SSの管理を一変させる可能性を秘めているが、SSは歴史的にそのような成功が困難であった適応症である。

    対象国米国、EU5カ国、日本
    一次調査対象国でKOLへ定性てインタビュー
    疫学有病率、診断率および薬物治療率
    将来予測主要治療薬の2032年までの10年間の売上高と患者シェア(ブランド/ジェネリック別)
    開発品フェーズ3以降および初期段階の開発品
    出典:Sjogren’s Syndrome – Landscape & Forecast – Disease Landscape & Forecast

    レポートでは、このような質問に答えます

    • シェーグレン症候群の患者群はどの程度で、その規模は時間とともにどのように変化するのか?
    • シェーグレン症候群は現在どのように管理されているのか?
    • 現在の治療法はどのようなもので、何がその使用の原動力となっているのか?
    • どのような臨床ニーズが最も切迫しているのか?
    • どのパイプライン製品が最も有望で、シェーグレン症候群市場でどのような売上が見込めるか?
    • 初期段階で進展している注目すべき治療法は何か?
    • ノバルティスのiscalimabとianalumab、ホライズン・セラピューティクスのdazodalibepは、進化するSS治療においてどのような臨床的役割を果たすのか?
    • SS市場の推進要因と阻害要因は何か、また2032年まで市場はどのように進化するのか?

    本レポートは、疾患に関するニュースやイベントが発生の都度、タイムリーに更新、分析情報を提供します。例えば、学術データベース「コルテリス」からのパイプライン情報は、毎日更新され、詳細な分析やプレゼンテーションに簡単にダウンロードできます。

    クラリベイト発行のDL&Fシリーズとは?

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: diasese-and-landscape-1-1024x616.png

    クラリベイトDL&Fシリーズ(Disease Landscape and Forecast) は、オンコロジー、自己免疫性疾患、CNS、循環器系疾患、希少疾患など、90以上の疾患を対象に定期的に発行され、全世界の製薬会社が活用しています。

    疾患ごとに現状と予測、治療法の詳細な市場展望、10年間の予測(日米欧主要7カ国におけるクラス、ブランド/ジェネリック、患者数)、疾患の管理、未アンメットニーズとその機会など、製薬会社が新薬の開発や市場戦略の策定に必要な情報を提供します。

    世界の製薬会社はこのレポートを利用して、製品が市場でどのように位置づけられているかを理解し、どのような製品が新たに市場に出ることを把握、将来の患者数と売上予測に加え、コルテリスから得られる最新の規制、開発状況を理解することができます。

    クラリベイトのDL&Fシリーズは、製薬会社にとって長期的な疾患市場戦略を最適化するための包括的な市場インテリジェンスと洞察を提供します。

    アンサーズビズリーチJACリクルートメント
    製薬業界特化
    業界内の非公開多数
    製薬業界の実績多数
    スカウト型でハイクラスに強い
    英語にも強い総合型
    製薬業界での実績も多数
    公式サイト公式サイト公式サイト

    本レポートに関する資料請求とご相談

      /

      関連紹介記事一覧

      1. 疾患動向レポート「腎細胞がん」|DL&Fシリーズ

      2. Strategic Pipeline Review(2024年Q1更新版)

      3. 疾患動向レポート「悪性黒色腫」|DL&Fシリーズ

      4. 疾患動向レポート「非ホジキンリンパ腫および慢性リンパ性白血病」|DL&Fシリーズ

      5. 【Market VIEW】渡航用ワクチン|包括的市場調査および予測レポート

      6. 疾患動向レポート「頭頸部扁平上皮癌」|DL&Fシリーズ

      7. 疾患動向レポート「ワクチン」|DL&Fシリーズ

      8. 疾患動向レポート「骨髄線維症」|DL&Fシリーズ

      9. 疾患動向レポート「痛風」|DL&Fシリーズ

       

      ☎ 080-9159-1217

      平日 9:00-18:00


        無料メルマガ登録はこちら

         

        製薬業界むけ調査レポート・データベース・コンサル関連の役立つ情報を無料でお届けします

         

        1. 2028年の後天性血友病治療市場予測:年間5.1%の成長率で148億8,000…

          2024.04.26

        2. siRNA医薬品市場:2030年には128億9,237万ドルに拡大急成長

          2024.04.25

        3. 【がん領域担当者必見】クラリベイトの最新オンコロジーおすすめレ…

          2024.04.25

        4. 関節リウマチ市場調査おすすめレポート3選|25年の専門コンサルが…

          2024.04.24

        5. 単純ヘルペス(治療ワクチン)の2040年までの市場動向レポートが発…

          2024.04.09

        6. 「悪性黒色腫」市場調査おすすめレポート3選|25年の専門コンサル…

          2024.03.21

        7. 世界のオンコロジー最新ニュースのまとめ[2024年2月29日]|Insigh…

          2024.02.29

        8. 世界のオンコロジー最新ニュースのまとめ[2024年2月20日]|Insigh…

          2024.02.20

        9. RFP

          RFPの書き方:3つのポイントと提案依頼書の効果的な活用法

          2024.02.18

        10. 「乳がん」市場の将来予測|おすすめ調査レポート3選|25年の専門…

          2024.02.15

        1. RFP

          RFPの書き方:3つのポイントと提案依頼書の効果的な活用法

        2. クラリベイト2023年引用栄誉賞23名発表|筑波大・柳沢氏、東大・片…